本文へスキップ
KAGAWA SOCIETY OF ACUPUNCTURE & MOXIBUSTION
KAGAWA SOCIETY OF ACUPUNCTURE & MOXIBUSTION

一般社団法人 香川県鍼灸師会

会長あいさつprofile

◎会長就任のご挨拶

 
 

この度、(一社)香川県鍼灸師会会長に就任することとなりました中曽根 徹でございます。
これまで会長をお務めいただきました佐々木 勝前会長から退陣表明があり、令和3年5月16日の通常総会において新しい理事が選任され、新理事による理事会において推薦され5月16日に新しく会長に選出されました。
会長の重責を拝命し身が引き締まる思いですが、これからも会員皆様と共に、香川県鍼灸師会および鍼灸業界のさらなる発展に向けた課題に取り組む機会をいただき大変光栄に思います。

現在の我が国は、新型コロナウイルス感染症の拡大という難局に直面しており、鍼灸界としましても、まずはこの対応が喫緊の課題と認識しています。そこで、香川県鍼灸師会としてこの難局に直面し困られている会員皆様の為になる運営とは何かを常に考え速やかに実行しなければならないと思います。
特に開業されています先生方は鍼灸院を経営し維持していかなくてはいけません。立ち止まることはできません。また、これから開業を考えられている先生方はどのようにして開業すれば良いのかを誰にも相談できずに困られている先生方も多くおられると思います。
我々鍼灸師会のほとんどの先生方が個人事業主です。治療技術の習得、経営管理について、人材の確保や育成等をお一人で悩み考えておられると思います。

これからの香川県鍼灸師会は「スピーディーで積極的な行動」をキャッチフレーズに、学術面ではこれまで以上に鍼灸治療の可能性を求め、経営面では困り事のある先生方お一人お一人の為になる運営を考え、会員皆様が満足する運営や新しい会員を招ける環境を整え、活動的な団体として県民の皆様に香川県鍼灸師会をアピールしていければ良いと思います。

今後とも(一社)香川県鍼灸師会は医療人として、はり、きゅうの普及啓蒙に邁進し県民の健康福祉の向上の一翼を担えるよう邁進します‼